人と自然にやさしいエシカル・フェアトレード ジュエリーEARTHRISE[アースライズ]

Home > About Top> Designer Profile デザイナープロフィール


エシカルジュエリーEARTHRISEについて

Designer Profile

デザイナープロフィール


shokoobata.jpg

代表取締役 兼 チーフデザイナー
小幡 星子  SHOKO OBATA


Message

美しく生きるあなたへ。
EARTHRISEは、地球の輝きをあなたへ。本当に大切なことをあなたの心へ届けます。

私は、ジュエリーを通して、人や自然を思いやる優しい心を大切にしていきたい、そして、ひとつでも多くの生命の温もり・輝きを未来へつなげていきたいと考えています。

幼少の頃から途上国支援をしてきて気付いた大切なこと。それは、互いを尊重し、思いやることでした。一方的な物資や金銭的な支援だけでは、貧困や搾取、児童労働といった負の連鎖を断ち切ることが出来ない現実を目の当たりにし、自分に出来ることは何かを10代の頃から考え行動してきました。そして、様々な出会いと多くの気付きがあり、私自身も大好きな、そして思い入れのある「エシカル」なジュエリーを創造してゆこうと決意いたしました。

美しい地球から誕生する奇跡の宝石や貴金属に、EARTHRISEは人と自然の温もりで溢れるPure Luxuryなジュエリーとして、新たな命を吹き込みます。美しい自然を大切にし、鉱山で働く人、宝石を研磨、加工する職人、ジュエリーを贈る人、装う人、みんながジュエリーを通して誇りと輝きに満ちた毎日を送れたら、どんなに素敵なことでしょう。EARTHRISEは、国境・民族・思想を超えて、手と手をとり合い、世界屈指の職人集団と共に、人と地球にやさしい、真に輝くジュエリーを創造しています。




shoko_01.jpgshoko_02.jpg

shoko_04.jpgshoko_03.jpg

Profile

1981年生まれ。東京都出身。
東京では見たことのない満天の星空のもとに生を受けたことから、「星子(しょうこ)」と名付けられる。オーダーメイドの洋服を仕立てる職人を祖父に持ち、4人兄弟の長女として育つ。幼少の頃より両親の影響でバングラディシュをはじめとする発展途上国への支援やボランティア活動に意欲的に取り組む。

将来は国際協力に努めようと考え、大妻女子大学比較文化学部にて国際関係、各国の文化、思想等を学ぶ。

「なぜ先進国の人はモノやお金をくれるの?自分たちはそんなものは欲しくない。欲しいのは、公平なビジネスチャンスだ。」

大学時代に知り合った途上国の友人から言われた一言で、ビジネスとして途上国の人々とWinWinな関係を築いてゆきたいと思うようになり、将来を模索する日々が続く。卒業後は大手不動産会社企画部へ勤務。

3つのきっかけ
1.ジュエリーに関わる大半の素材が途上国から産出されていること。
2.職人だった祖父の影響もあり、素晴らしい伝統技術を次世代へ残したいと強く思っていたこと。
3.祖母の形見の指輪を受け継いだ時に、ジュエリーは着飾る道具ではなく、人の生き様や想いが反映されているものだと感じたこと。

途上国との公平なビジネス、ものづくり、誰かを想う心を大切にする、この全てをジュエリーという形で創造したいと思い、新たなビジネスを考えジュエリー業界へ転職。国内のジュエリー会社と世界5大宝飾店の銀座本店で働く傍ら、独立に向け自らスリランカ、パキスタン、インドなど、現地パートナーと共に「エシカル」な素材の流通経路の開拓や仕入れ等、独自の販路確保に取り組む。

[きらめく世界を、つむぐ。]をコンセプトに、現在は途上国を中心とした10カ国以上のエシカルな素材の開拓から、デザイン、制作までプロデュースしている。

自然からインスパイアされるエレガントで美しい曲線が特徴のデザインは、業界の垣根を越え、国内外問わず人気を得ている。


沿革

2011年07月 ブランド名を[EARTHRISE]とし、ジュエリー制作開始
2011年12月 国連協賛下、WF4D チャリティファッションショーへ招待される
2012年08月 ブライダル系会社とのコラボレーションにより、EARTHRISE Ginza Salonオープン
2012年09月 ジュエリー雑誌 Jewelit:[New Luxury Ethical Style]のコラム連載スタート
2013年08月 青山エリアにEARTHRISE Shop&Galleryオープン
2013年10月 ブライダルジュエリーコレクション 発売
2014年06月 表参道ヒルズ裏にEARHTRISE表参道本店オープン


コラム

ジュエリー雑誌 Jewelit:[New Luxury Ethical Style]執筆中。


メディア・雑誌からの取材、作品提供

読売新聞、日経ウーマン、繊研新聞、ブライダル産業新聞、ゼクシィ、MYLOHAS、マークスダイアリー、複数のジュエリー雑誌など、多数。


受賞歴

2011年11月 スワロフスキーGEMS コンテスト
       「ブライダルジュエリー部門 都道府県大賞 東京都」受賞
2016年03月 ソーシャルプロダクツアワード(後援:経済産業省)
       「生活者審査員賞」