Line_Y.png


大切な宝石にも、尊さを。
EARTHRISEでは、フェアトレードや自然環境に配慮して採掘されるダイヤモンドやサファイアなどの宝石を使用し、ジュエリーの制作をおこなっております。EARTHRISEは日本で初めて宝石と地金の両方のトレーサビリティを確立させたことにより、宝石・地金が採掘されEARTHRISEへ届くまで間に、児童労働、搾取、環境破壊、紛争の資金源となる取引を招くことはありません。EARTHRISEは自然を大切にし、途上国をはじめとする宝石や地金を採掘する人々や、宝石の研磨をする職人たちと共に働き、協力し合い、エシカルなジュエリー素材を皆様へ提供することで、人・自然・社会を透明で美しい絆で結ぶ役割を担っております。

スリランカ_採掘場2.jpgスリランカ_採掘場.jpgスリランカ_研磨職人.jpg

■お選びいただける宝石 【婚約指輪・結婚指輪
オプションで、指輪のお好きな場所にお好きな数のダイヤモンド、もしくはサファイアをセッティングいたします。指輪の内側にセッティングするシークレットストーン[秘めた想い]としてもご利用いただけます。ダイヤモンド、サファイアはサイズにより価格が変わります。また、フェアトレードのメレサファイアは大変希少なため、在庫状況によってはご希望に添えない場合がございます。

メレサファイア   05,000yen(+ tax)/1pc 〜  ※在庫状況:ブルーサファイア少量有。
メレダイヤモンド  10,000yen(+ tax)/1pc 〜  ※無色透明、イエローの価格です。
ピンクダイヤモンド 30,000yen(+ tax)/1pc 〜  

※メレ(melee)… 一般的に0.2ct以下の宝石をさす言葉です。

センターにセッティングする宝石【婚約指輪
ダイヤモンドやルビー、サファイアなどの宝石をお好みのサイズ、カット(ラウンドブリリアント、プリンセスカット、しずく型、ハートシェイプ、etc.)、ご希望のご予算でご用意いたします。




現地より採掘された宝石は、厳格な鑑定/鑑別を行なう機関にて鑑定を行い、ジュエリーお引渡の際にご一緒にお渡しいたします。

鑑定書 ダイヤモンド ※0.2ct〜のセンターストーンにいずれかの鑑定書をお付けいたします。0.2ct以下の場合はご相談ください。
  ・GIA …(アメリカ宝石科学協会)ダイヤモンドの世界基準4Cを考案し鑑定と教育を行う国際非営利団体で、最も権威ある鑑定機関です。
  ・CGL …(中央宝石研究所)世界的にも信頼性が高く評価されている鑑定機関です。
鑑別書 カラーストーン ※サファイアなどの色石

・CGL …(中央宝石研究所)世界的にも信頼性が高く評価されている鑑定機関です。



Line_Y170.png

EARTHRISEでは、途上国の小規模鉱山とパートナーシップを結んでおり、エシカル・フェアトレードのサファイア、ルビーなどを現地からお届けしています。海外では、サファイアなどのカラーストーンをエンゲージメントリングとして贈る人も多くいます。おふたりらしい宝石をお選びください。

ルビー.jpgブルーサファイア.jpgパープルサファイア.jpg

※写真の宝石は過去に販売した商品(ルース)です。在庫状況につきましては、お問い合わせください。


Line_Y170.png

環境に配慮して採掘されるカナダ、オーストラリア産のダイヤモンドや、レソト、インドネシア産のフェアトレード・ダイヤモンドを使用しています。

ダイヤモンドは、Carat(重さ)・Color(色)・Clarity(透明度)・Cut(カット)の4つに分けて評価します。EARTHRISEでは、ご予算に合わせて幅広いタイプのダイヤモンドをお選びいただけます。
また無色透明(カラーレス)だけでなく、ピンク、イエロー、オレンジ、ブラウン、シャンパンといったカラーダイヤモンドや、ファンシーカット(ハート、ペア、プリンセス、エメラルドカットなど)も扱っております。お気軽にご相談ください。



1ct = 0.2 gで宝石の重量を表します。他の3Cが同じ品質であれば、カラット数が大きくなるほど希少となり、高額となります。デザインのバランスに合わせてご希望のカラット数をお選びください。



ダイヤモンドには多彩なカラーが存在しますが、標準的なカラーとしてD(無色)〜Z(黄色)までの23段階で評価されいます。無色透明に近いものほど希少性が高くなります。EARTHRISEでは、D〜Hカラーをお勧めしております。なお、ファンシーカラー(ピンク、イエロー、ブラウンなど)はD〜Zの評価とは異なる基準が設けられています。
カラー.png


ダイヤモンドの透明度を表し、内包物や傷の度合いから評価します。全てのダイヤモンドには内包物があり、天然石の証でもあります。その一方で、内包物の状態によりダイヤモンドの透明度も変わってくるため、以下のように11段階に分けられています。EARTHRISEでは、ダイヤモンドを長年扱ってきたパートナーであるGIA鑑定士の経験から、FL〜VSをメインに、SIクラスまで幅広く扱っております。
クラリティ.png


ダイヤモンドの全体的なプロポーション(形)とフィニッシュ(仕上げ)の状態を5段階で評価します。美しいプロポーションと高度な研磨技術が輝きを引き出します。4Cの中で唯一、人間の技術によってダイヤモンドの輝きを決定する重要な要素です。その他、シンメトリー(対称性)やポリッシュ(研磨状態)などの要素も評価に含まれます。
カット.png

Line_Y.png

日本では一般的にラウンドブリリアントカットのダイヤモンドがエンゲージメントリングに使用されることが多いのですが、実に様々な形が存在します。お好みに合わせてダイヤモンドのシェイプをお選びいただくのも魅力的です。

shape一覧.jpg

※在庫状況は日々変動がございます。ダイヤモンドの形によっては在庫切れの場合がございます。その際は、オーダーまでお時間をいただきます。